スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋になり 冬支度?

          DSCN0421_convert_20160929094808.jpg
庭や畑に植える苗を買うと増える容器、
リユースや資源ごみとしてリサイクルしてもらえるように
先日まとめて洗いました。
一緒に洗ったプランターに積んで乾かしているところです。
最近の容器はカラフルできれいだったので写真に撮ってしまいました。

園芸店やホームセンターでは秋植えの球根が出回り、
春の庭の準備をしつつ、その前に来る長い白い季節を感じています。

長く、雲の下で暮らす季節を考えると憂鬱になることもありますが、
大地を休ませ、身体を整える意味では必要なこと。

休み無く動き続ける現代社会では難しいことかもしれませんが・・・
「夜」とか「冬」って大切な時間な気がします。

自然は容赦のないものだと改めて感じたのは、台風や豪雨被害です。
特に、今年は北海道や東北地方でも台風の被害があり、
これからは、経験したことのない気象現象に備えていかなくてはならないのかもしれません。
被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

さて、9月の末になっても半袖でブログを書いている暑い秋ですが、
10月の予定です。
小千谷のパッチワークキルト教室は第1・第3木曜日(6日・20日)
長岡では、10月3日(月曜日)・10月18日(火曜日)です。
私はクリスマスやお正月のキルトを考え中です。
スポンサーサイト

始末って難しい

好きなことを始めるときってワクワクして、材料や道具をいろいろ買ってみたりしますよね。
三日坊主系を自覚しているつもりの私、
調子に乗らないように考えながら買い物をしているつもりでも、
使わない物の山を作ってしまい、反省、反省。
ただ、世の中「捨てる」というテーマの指南本が多く出回っていることを考えると、
困った人、困っている人は、私だけではなさそうです。
できるだけ、ゴミにならない方法を考えてみてはいますが、
少しずつ「ごめんなさい!」をして処分しています。

それでも捨てられない!
現在抱えている問題は、溜め込んだ「はぎれ」の始末です。
(注意:パッチワーク教室で使っている布は含みません)

どんな「はぎれ」かというと
パッチワークをするのに、
お金のない学生の頃はお気に入りだったシャツをほどいたり、
布地売り場の片隅にある、特売はぎれコーナーから安いものを選んだりしていました。
そのうちに、お友達から不要になった布などをいただいたりして、
「いつか、作る為の布」が増えてしまいました。
それを、「えいやっ」とゴミ袋に入れてしまう事もすっきりする方法なのかもしれませんが、
まだ、そこまでの境地にはなっていないので、
増やさないようにしつつ、少しずつ、何かの形にして使う。のが現在の私の選択です。

いろいろな、「モノ」や「情報」があふれて、一見豊かな生活をさせて頂いていますが、
「モノ」が「ゴミ」になる時が来ることや「ゴミ」のゆくえについて考えると、
始末って難しい・・・と想う秋です。

















プロフィール

タマゴplant

Author:タマゴplant
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。