FC2ブログ

花鳥風月を楽しむ・・・

なーんてね。

我が家の窓から見える、お隣のハナミズキが今年もきれいに咲きました。
義母と「今年は雪が少なかったからか、枝が折れず花も多いような気がしますね。」
なんて話しながら眺めてます。
桜が新緑にかわりました。
小千谷の山本山の菜の花畑も、今年は見に来ないで・・・とドローン撮影の映像で紹介されていました。
残念ですが、来年か再来年にはみんなに来て観てもらいたい風景です。

先日、野鳥写真のポストカードでお友達からメッセージをいただきました。
和みます。ありがたい。
我が家の周りもいろいろな鳥がやって来ます。
名前は知らないけれど、スズメでもなくカラスでもハトでもない。
(メジロとシジュウカラとヒヨドリとムクドリとツバメとトンビと山鳩・・・くらいは見分けがつくようになりました。)
何事にも言えることですが、奥が深い!
身近にいる鳥を知ることはちょっと楽しい。ゆるやかなバードウォッチングしたいです。

実家の周りも近くに神社の杜があるので、様々な鳥の声がします。
小さい頃はフクロウの声やキツツキ系の鳥の音、今でもウグイスが良い声で鳴きます。
今年も、実家の空地の庭仕事もどきが始まりました。
昨日は雑草や落ち葉を積んで堆肥化したものを花壇にする予定の場所に移しました。
自己流なので上手くいくか否かはわからないけれど花が咲くといいなあ。
庭にしている場所もお隣は杉やケヤキがあって、日陰を作ってくれます。
そよ風が吹けば夏は家の中よりも爽やかに過ごせるので、好きな場所のひとつです。
(ただし、秋は枯葉がすごすぎて、実家の母は大変だとぼやきます。本当に片付けが大変そうです。)

春霞のせいか、この数日まさに「朧月夜」です。
いつものゴールデンウィークだと、お隣の長野県の野沢温泉や飯山市の千曲川周辺の菜の花畑を見に行くのですが、今年はおあずけです。昨年の水害被害の復旧具合も気になりますが、今はステイホーム。
窓から見える月から地球はどんな風に見えているのでしょうね。

花も鳥も風も月もいつもの5月です。

5月になりました。

窓から見える景色はいつもの5月の晴れた日と変わらないのですが、
気分は晴れやかとは言えない日々が続きますね。
4月は雨の日が多かったような・・・、
そんな時、自分自身の心のバランスを保つ意味でも布マスクを作ってました。
さすがに、我が家の在庫ゴムと、親戚からもらったゴムが残り少なくなりました。
一応お付き合いのある手芸店にゴム紐の在庫状況を伺いましたが、メーカーも欠品中とのことです。

ゴムひもの代替品については、自分で使うマスクでいろいろと試しています。

マスクを作るとき、お店にゴムは売ってない場合が続きそうですが、
おばあちゃんやお母さんの裁縫箱に残っている場合もあるから。聞いてみるのも手ですね。
マスクは、この騒動が終息するまでは使う機会が多くなりそうだし、
仕事や学校がお休みですることがないという方は、
老若男女問わず、工夫して、マスク作りにチャレンジしてみるのも楽しいと思います。

5月も教室関係はお休みになりそうです。
カット布は沢山あるので、作品用の布が足りなくなった方はお問い合わせください。

派手にしたい⁉

先日、近隣の学校が入学式だったらしく、新入生らしき親子連れを見かけました。
今年は桜の満開と重なって、前回写真を載せた桜の木の下で、記念写真を撮っていました。
感染症問題で辛いことも多い春かもしれないのですが、
桜が咲いて楽しい入学式になってくれたらいいなあと思います。
新入生の皆さんご入学おめでとうございます。
※小千谷の桜の開花は、平年では4月の中旬以降、残雪のある年はもう少し遅くなり、
新潟県内でも遅い地域なのですが、今年は、ホントに早かったです。

昨日、小千谷の桜の名所、船岡山に散歩しながら行ったのですが、桜が満開!
私のようにお散歩花見の方も多くいらっしゃいましたが、
皆さん程よく距離を置いて、楽しんでいらっしゃいました。
静かだったので、鳥たちの美声に癒されました。

さて、家族の休みの日も家に居る時間が多くなったので、遅ればせながら
手作りマスクに挑戦しました。
「新潟日報」という地方紙にマスクの型紙が載っていたので、
利用させてもらいました。大きさも「大」「中」「小・子供」・・・とても親切!
義妹からお土産にもらっていた、かわいい柄のガーゼ布地や、
以前何かを作ったゴム紐のあまりを引っ張り出して作成。
DSC_0198_convert_20200410102105.jpg
今は、家族の分を、いろんな布で試作してみています。
派手にしたい誘惑はありますが、世間的には地味に暮らしているので・・・
必要な分だけ始めています。
私の場合は、たまたま手元に素材があったものの、
どこのお店もガーゼや細ゴムが手に入りにくい様子です。
学校に通うお子さんの為など、
必要な人に届くように私自身は無理に買わないようにしています。
細ゴムの代わりに
繰り返し使いすぎた「使い捨てマスク」のゴムを利用したり、
伸縮性のある布や毛糸などで代用している方もいるとか。
物がない時は知恵を出す。みんな頑張ってますね!

おうちで、楽しみを見つけるのもマスクを使わずに済む方法の一つ。
コロナ退治にも良さそう。

サクラサク

中越地震で被災した時、余震が多くて多すぎて本当に気持ちの萎える日々が続きました。
冬の手前での出来事で、その年は大雪になり、
日に日に積もる雪と余震で家がつぶれてしまうのではないかと不安でした。
春になり、ガタガタで泥だらけの小千谷の街を飛び出して、
高田公園(上越市)の桜を観に出かけた時の気持ちは今でも忘れられません。
心からほっとして氷のような気持ちが融けてゆくような感じでした。

近所に桜の木があるので、
行事のようにお花見や宴会をする事はないのですが、
今年のように気持ちに影のある時には、
花の下で心のお洗濯がしたくなります。
DSC_0192_convert_20200405135021.jpg

中学校のグラウンド横、学校も春休みで静かです。
今年は暖冬のせいで、小千谷の桜も4月と同時に咲き始めました。
散歩の途中で1人花見です。

パッチワーク教室も4月はお休みすることにしました。
パッチワークの他に、おしゃべりを楽しみにしている方も多い教室なので、
いくらコロナ対策といえども
黙々と2時間近く作業するのもいかがなものかと・・・
換気や教室の座る位置などを考えて、
安心して楽しめる形で再開したいと思ってます。

とにかくこのコロナ禍が早く終息してくれることを祈るばかりです。




春の訪れ

暖冬の為、今年は雪が少なく、我が家のまわりも、近くの山にもすでに積雪は見当たらず、
3月に入る前にフキノトウを食すという不思議な春の始まりになりました。
同時に今年はコロナウィルスという得体のしれないものに不安を抱きながらの春となりました。
例年以上に手洗いをして暮らしています。けっこう手がカサカサしてます。
気持ちもカサカサしそうです。トホホ
DSC_0182_convert_20200312103058.jpg
パッチワーク教室の長岡での冬休みの宿題でパターンを出しておいたのですが、
皆さんどうしていらっしゃるのでしょうか・・・
3月から始めるつもりでいたのですが、
開始の声掛けができずにいます。
4月にはお会いできるようになるといいなぁ。
私も布をつなげてみたものの、ここから何に仕上げていこうか思案中です。

あまり人と会えない時も、布と針と糸で時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。
プロフィール

タマゴplant

Author:タマゴplant
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR